サイクリングとアレンさん

Twitter を見てますと、アレンさんがとても人気です。整形費用総額1億円超えとか、アレン様構文とか、整形チャンネルとか、私も好きなのですが、ここでは、サイクリストとしてのアレンさんに焦点を当てて見ようと思います。

イェーイ!!

すでに🌰🈵界隈では「アレンさん=サイクリング」といえるほど定着している一方、一般のサイクリスト界隈からは、いまだ何も言及されていません。というわけで、ここでは他に先駆けて、「サイクリスト目線で見たサイクリストのアレンさん」について語ってみようと思います。

ビジュアルがつよい

フルメイク美容整形男子が衣装をヒラヒラさせて自転車に乗っている姿は、インパクトあります。この動画、私は何回も見てしまいました。セレブリティと自転車(ダイチャリ)の組合せで脳がバグったのかもしれません。自転車と多様性、そんなことをふと思いました。

ダイチャリを愛用

アレンさんはシェアサイクル(ダイチャリ)を愛用しています。サイクリングが趣味の人って、ついつい高価な自転車に乗りがちですけど、アレンさんはダイチャリなんですね。皆んながロードバイクに乗る必要なんて無いんだ、そんな気付きを与えてくれます。自由な感じがとても小気味いいです。

高いチャリも持っているらしい

このチャリ格好イイですね。でもあんまり乗ってないような…。アレンさんはダイチャリがほとんどだと思います。どこでも借りられて、どこでも返せる便利さが気に入っているとのこと。出先でマイ自転車に乗ろうとすると、自走するか輪行するかの二択で、不便は不便なのですよね。メンテも自分でしなきゃですし。

サイクリングがすごい好きみたい

土砂降りの中カッパを着てでも自転車に乗りたい、そういう気持ち、サイクリストなら誰でもわかると思います。ただ、そういう気持ちってなかなか持続しないのですよね。走ってるだけで幸せだったあの頃は良かったな(遠い目)なんて。昔は走ること自体が楽しかったのに、今じゃもう、モチベーションを上げるために高価なパーツを買ってみたり(哀)

お出かけした先で友達をサイクリングに誘う

この動画は、お友達(戦慄かなのさん)と鎌倉で遊んでいるときに、「ねぇサイクリングしない?」と突発的に提案し、二人分の自転車をレンタルしているシーンだと思います。ある程度大人になると、出先で突発的に「ねぇサイクリングしない?」なんて正気を疑われそうでなかなか言えませんけど、そういうのを気にしないところが、アレンさんらしいって思います。自転車乗りなんてどうせ変人個性豊かな人達なんだから、いまさら社会性なんて気にしても仕方ないのですよね。

社交派サイクリスト

自転車乗りの人って、基本、個人行動派だと思いますけど、アレンさんはすごく社交的なのですよね。一人で走るよりも、誰かと一緒にサイクリングするのをエンジョイされているようです。コミュニケーションツールとしての自転車活用というか。こういうサイクリングスタイルは珍しいと思います。

東京中を走っている

よくモリ漕ぎしているのを、あちこちで目撃されているようですね。東京ってそこら中にお店が沢山あるから、気軽に立寄れる自転車が一番便利って私も思います。でも、高いロードバイクだと、駐輪中の盗難が心配なのですよね。その点、ダイチャリなら安心です。

ロングライドもこなす

3時間超えは立派なロングライドじゃないでしょうか。しかもダイチャリだと相当疲れたと思います。新宿からみなとみらいまで走ったとの tweet もありました。いっそクロスやロードなどのスポーツバイクを買ったらとも思いますけど、あくまでダイチャリがスタイルなのかなって思います。そういう自分流スタイルを持った自転車乗りって、案外少ないのですよね。

まとめ:サイクリストとしてのアレンさん

アレンさんのサイクリング tweet を見てて特徴的だと思うのは、なんか笑えるというか、ハッピーな気持ちになるのですよね。これはとても珍しい事じゃないかと思います。Twitter でよく見かける自転車乗り(主にローディー)の tweet って、マイバイクを添景にした風景写真とか、長距離走ったStravaのスクショとかが大半で、「はい綺麗」「はいお疲れ」「はい孤独」みたいな感想しか出てこないのですけど、その点、アレンさんは稀有な存在って気がします。

なぜアレンさんのサイクリングはハッピーな感じがするのでしょうか。私なりの考えですけど、自転車に乗りはじめた頃のピュアな感動がそのまま表出しているせいなのかなと。それで見ているこっちまでピュアな気持ちになるからなのかなと。

サイクリング界隈が、アレンさんについて言及しないのは、ちょっと不思議な気がします。多分、アレンさんが消費や所有にこだわらない、体験重視型のサイクリストなせいで、メーカーや販売店やメディア(そしてそれに乗っかっているサイクリスト)が無視してるのが現状なのかなと。でもアレンさんのスタイルこそが、サイクリングの保守本流って気もするのですけど、どうなんでしょう。ちょっと言いすぎかもしれませんけど。

以上です!!
サイクリングは最高ですけど、
アレンさんのように楽しめたらもっと最高でしょうね!
おしまい


タイトルとURLをコピーしました