サイクリングとドリンク(自販機を攻略する)

たかが自販機、されど自販機

ドリンク補充は、ペットボトル直飲み派は自販機がメインです。コンビニはメンドイので。ただ、自販機なら何でも良いかっていうとそうでもないのですよね。そこのところを書いてみようと思います。こんな記事、誰が読むんだよって思いますが、別の記事で、サイクルボトルは不要! ペットボトル直飲みで十分!って書いた手前…。

ゴミ箱の有無

これ重要です。ゴミ箱がないと、空のペットボトルが捨てられません。自販機には必ずゴミ箱があるかと思いきや、意外と無い場合も多いのですよね。漕ぎながら遠くから目視して、ゴミ箱が見当たらない自販機はスルーします。

「100円」の表示

これが自販機攻略の急所です。如何にして自販機で100円でドリンクを調達するか、そこが勝負です。別に100円が130円でも構わないのですけど、そうすると、小銭がメンドクサイのですよね。100円なら100円玉一枚で済みますけど、130円だと更に10円玉3枚必要です。小銭を硬貨投入口に何枚も入れるとか、オツリを釣銭返却口から何枚も拾うとかが、ややメンドクサイのですよね。サイクリングの疾走感や爽快感を損なう気もしますし。
更に言うと、自販機ではトップチューブにまたがったままドリンクを買うのですけど、そうすると釣銭返却口が遠いのですよね。体が硬いってのもあるのですけど、無理気味な前屈姿勢をとらされます。
もっと言うと、やっぱり安いのは嬉しいです。たった数十円ですけど、余計な出費をせずに済むのが嬉しいですし、100円で買えると「よしっ勝った!」という気がします。誰に勝ったのかはよくわかりませんけど…。

少し脱線しますけど、「100円」表示のある自販機、増えてきてますね。3年程前だと、GOOD VENDINGとかDreamとか、聞いたことのない会社(失敬)だけが100円で、そういう自販機は希少でしたから場所を覚えたりもしたものですけど、今じゃKirinとかAsahiとか大手さんも普通に「100円」の表示が貼ってありますね。コカ・コーラさんの100円表示はまだ見たことないですけど、時間の問題かもしれません。私としてはドリンクが100円で買えれば何も文句は無いのですけど、日本って貧しくなってるのかなぁ、なんて思ったりします。

本当に100円で買えるか?

「100円」の表示があったからといって、全てのドリンクが100円で買えるとは限りません。よくあるのが、水だけが100円で、あとは130円ってパターンです。本当に全部100円の自販機があると「良心的だなぁ」って思います。私としては、出来れば麦茶を100円でゲットしたいのですけど、こればっかりは近寄って停車するまで分からないので、運ですね。最後の最後は運。神のみぞ知るです。ここに自販機攻略の奥深さがあると言えます(なんのこっちゃ)。

麦茶90円自販機

自販機でドリンクを100円で買うことについて、かつてこれほど語ったブログは他に無いと思いますが、そんな私ですら驚いたのが、麦茶を90円で買える自販機です。しかもサントリー。大手さんです。見つけた時は「ついに来たか…」と驚きました。

サントリーやさしい麦茶¥90

正直、100円より安くても、釣銭を返却口から拾うのが手間なので、あんまり嬉しくは無いです。あとサントリーの麦茶って、味がちょっと薄いのですよね。水っぽいというか(私的には伊藤園が一番おいしいです)。ですので、それほどお買得感は無いのですけど、それよりも、価格競争がここまで来たことに驚いたってのが正直なところです。

せっかくなので場所を紹介して終わります。
ありがとうございました!
(おしまい)

タイトルとURLをコピーしました