キモメン仕草 in サイクリング(私の場合)

以前、『イケメン仕草 in サイクリング』、『ブサメン仕草 in サイクリング』という記事を投稿したところ、

で、お前はどうなん?

という御意見を沢山いただきました。

私なんて、ただの凡百サイクリストなんですが、よく考えたら、幾つか癖のようなものがありました。無くて七癖って本当なんですね。ということで今回はそれについてです。タイトル通り、かなりキモイです💦

信号待ちで後ろにローディーが付いたとき

信号待ちしていて、後ろにローディーが付いたとき、信号が青になると、私はユックリとやや左にそれて、ローディーを先に行かせます。私はフラバ乗りですので、ローディーのほうが速いですから「おさきにどうぞ」とゆずるわけです。

これは一見、大人な態度に見えますが、実は違います。「抜かれるのは癪だが、抜かせてやるからセーフ」という謎の心理が働いているからなんですね。キモっ💦

歌を聞かれたとき

ロングライド中、私はよく歌を歌っています。鼻歌だったり、口笛だったり、大きな声で歌うこともあります。そんなとき、不意に後ろから、別の自転車乗りに抜かれると、「あ、聞かれた」と恥ずかしくなり、そこで歌をやめるのが普通だと思います。

けど私の場合、なぜか「歌の続きを聴かせたい」という心理が働き、抜いてきた相手を追い上げ、後ろにつき、大声で続きを歌う、ということが時々あります。キモっ💦

海までいったとき

ロングライドで海まで行くと、私はよくビーチでボケーっと日光浴します。そうすると、体に砂とか貝殻片が付きますが、その砂やら貝殻片を、あまり落とさず、体に付けたまま帰路につくことが結構あります。

これは、いちいち落とさなくてもどうせ風で落ちるから、ではなく、「自分は海の帰りです」というのをドライバーや他の自転車乗りにアピールしたい、という心理が働いているからなんですね。そんな事アピールして何なのか、自分でもよくわかりませんが、う~、キモい💦


でも、一番キモいのは、こんなブログ書いてることですって!?ほっといて!!!💦
(おしまい)

タイトルとURLをコピーしました